スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏「意図的に法律に反する行為していない」(読売新聞)

 12日の定例記者会見での小沢民主党幹事長の冒頭発言は以下の通り。

          ◇

 昨年の春以来、私の政治団体の問題で、特に、報道もございまして、国民の皆様に誤解を与え、また、大変ご迷惑、ご心配をおかけしていることを大変申し訳なく思っています。

 この私の政治団体に関する問題は、まだ捜査が継続中ということもありますし、そのことは弁護士にすべて一任しておりますので、今この段階で、個別のことに私が言うことは差し控えるべきであろうと思っています。

 それはそれとして、以前から何度も申し上げている通り、私自身も、私の事務所の者たちも、計算上のミスやら、そういったものはあったかもしれないが、意図的に、法律に反するような行為はしていないものと信じております。

 また、ご承知のように、私の東京の後援会の事務所、盛岡の事務所などは、強制捜査の対象となっておりまして、すべての書類等々が押収されております。

 また、弁護士等を通じて、事実関係は話しています。

 今の段階で、私が申し上げるのは差し控えますが、検察当局においては、この問題についてはすべてご承知であると思っております。

小沢氏の会見は「一転低姿勢」に なぜ?検察批判も封印(産経新聞)
「小沢氏側の了解必要」ダム工事 鹿島、水谷に指示(産経新聞)
日韓、初の安保宣言検討…北の核に連携強化(読売新聞)
<組織対策費>民主党2議員に22億円支出 小沢代表就任後(毎日新聞)
廃止したのに…年金振り込み元が「社保庁」に(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。