スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<新聞>「読んでいる」91% 協会調査(毎日新聞)

 日本新聞協会は7日、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、インターネットの主要5メディアへの接触状況や評価に関する調査結果を発表した。新聞を読んでいる人は91.3%で、1週間の平均接触日数は5.2日とほぼ毎日読まれ、前回(07年)と大きな変化はなかった。新聞協会広告委員会は「新聞は人々の生活に欠かせない基幹メディアであることが改めて確認された」とコメントしている。

 調査は01年から隔年で実施し、今回で5回目。09年10月に15~69歳の男女6000人を無作為抽出して聞いた。回収率は61.4%。

 新聞への印象・評価では、52.6%の人が「地域や地元のことがよく分かる」と回答。50.2%が「情報源として欠かせない」と答えた。「知的である」(49%)▽「日常生活に役立つ」(43.3%)▽「情報が正確である」(42.4%)--などを含め全33項目中16項目で、5メディアの中でトップだった。

 一方、新聞以外の媒体では、NHKは「情報が信頼できる」(43.3%)▽民放は「楽しい」(62.5%)▽インターネットは「情報量が多い」(52.2%)▽「情報が速い」(51%)などの項目でトップだった。【内藤陽】

【関連ニュース】
裁判員制度:会見へ協力求める 新聞協会が文書公表
フェアユース規定:新聞協会など14団体が意見書
読めば読むほど:「ヴ」は使わないが……
裁判員制度:開始1年 新聞協会、会見へ協力求める
フェアユース規定:14団体が意見書

ケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督が離婚へ
<囲碁>「封じ手8の八」本因坊戦第3局2日目(毎日新聞)
「思い込み」が自分の可能性を制限している!?
<福島第2原発>1号機トラブル 金属棒の破損が原因(毎日新聞)
棋聖戦“盤寿シリーズ” 羽生棋聖が先勝(産経新聞)
スポンサーサイト

ロープウェーの間隔狭くて停止、50人閉じ込め(読売新聞)

 29日午後0時5分頃、神戸市中央区の新神戸ロープウェー「風の丘駅」で、上りのゴンドラ2台の間隔が狭くなるトラブルがあり、北野1丁目―布引ハーブ園間(約1・5キロ)を運行中の65台が緊急停止し、約10台の乗客計約50人が閉じ込められた。

 約30分後に運行は再開され、乗客は最寄り駅からタクシーなどで移動。けが人などはなかった。原因調査のためゴンドラは終日運休した。

 運営する「神戸リゾートサービス」によると、安全のためゴンドラ間は適正な距離が決まっているが、規定より近づいたため同社社員が停止させた。30日以降の運行は未定だが、神戸布引ハーブ園は営業する予定。

 同ロープウェーは土日・祝日には2000~3000人が利用するという。

24日に安保会議=哨戒艦事件の対応協議―政府(時事通信)
秋葉原17人殺傷 第9回(1)「警察官らに突き上げるように次々と“パンチ”」…目撃男性が証言(産経新聞)
ベトナム医療団 第1陣4人、ハノイ到着(産経新聞)
タクシー火災 後部座席に男性遺体 身元確認急ぐ 神奈川(毎日新聞)
海上保安庁に虚偽通信 無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。